お歳暮を確実に贈っておいて間違いないのは、会社の上司と仲人を勤めてくれた方です。
家庭を持っているならば、ほとんどの方が仲人を引き受けてくれた方がいる事になります。

スポンサードリンク

お歳暮を贈る相手どう選んでますか?

お歳暮とは、仲人の方に対しては、今家族があるのはその方のお陰であると常に敬意を表し、感謝の意を毎年しっかり形としてあらわすもの。
そして社会人として、人として立派に社会生活を送っていますということを伝える意味合いも込められているのはないでしょうか。

直属の上司や恩師が仲人をしてくれたのであれば、お歳暮を贈る対象が一括されますから、いろいろ悩まなくても良いですね。

また、恩師という間柄の方に対しては、特別にお世話になった場合や卒業後も家族ぐるみでお付き合いしている場合を除き、お歳暮を贈る必要はないでしょう。
というか、すべての担任の教師に贈っていたらキリがありませんし、贈られる方も大変ですね。
なにしろ教師というのは、たくさんの生徒と接するわけで、その教え子の家庭すべてからお歳暮を贈られた日には・・・困ってしまうでしょう。

あなたが習い事をしている場合、その先生に贈るということはどうでしょう?
習い事というのは、その専門的な技術を教えてもらうだけではなく、精神面での修養であったり、人との交流であったりと人間力を養う場でもあります。

もちろんお歳暮を贈るというのは感謝の意を込めてという点が一番ですが、コミュニケーションを図るツールとして贈るという意味合いもあるのではないでしょうか。
日頃から先生と親しくしている場合であれば尚更ですね。

ですので、お歳暮をその先生に対して贈るというのは、非常に大切な事となるでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

お歳暮:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://manner.s-stars.com/seibo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。